野球肩は手術の治療をする前にストレッチなどで予防します

野球肩は手術の治療をする前にストレッチなどで予防します 野球をしている時に肩が痛かったり、全力で投げるのが怖い、腕を上げると痛みがあるなどの他にレントゲンを撮っても異常がないなどの症状は野球肩の可能性があります。
肩の痛みは筋肉が影響していることが考えられ、肩の関節は自由に動かせる関節で肩関節の周りには多くの筋肉が伸び縮みしてボールを投げることが出来ます。
ボールを投げるには肩以外の腰や足などの筋力も必要ですが、腰や足の筋肉が緊張したり筋力が低下していると上半身の腕だけでボールを投げることになり、肩に大きな負担がかかってしまい、肩の筋肉が疲労し炎症を起こします。
肩に痛みがあると筋肉を動かさなくなりますが、この状態で無理に野球を続けると筋肉の奥深くも緊張し、それが慢性化になり自己回復が困難になります。
野球肩が発症しやすい人は、週1回程度の運動で殆ど体を動かさず、関節の可動域が減少してている社会人に多くみられます。
また成長過程の小学生から高校生なども同様の症状があり、高校生で毎日運動をしている場合でも練習のし過ぎやケア不足などで野球肩になることがあります。
野球肩は悪化した場合には手術が必要になる場合もありますが、手術をせずに自然治癒力で治しリハビリなどをすることで痛みを感じることなく回復する事もあります。
肩の筋肉の硬さやインナーマッスルの筋力低下、肩甲骨の動きが悪いなどで野球肩になりやすいため、ストレッチや筋トレなどを行って悪化させないよう早期に対応する事も大切です。

野球肩は手術をして治る場合もあるが再発することもある

野球肩は手術をして治る場合もあるが再発することもある 野球はボールを投げる動作によって、肩に大きな負担がかかるスポーツと言われています。
そのため肩の筋肉が疲労して炎症を起こし、肩に痛みが生じたり腕が上がらなくなるといった症状が出ることがあります。
そういった症状を野球肩といい、悪化してしまった場合には手術が必要になるケースもみられます。
特に成長過程にある子供の場合には筋肉が十分に発達していないので、症状が出やすいと言われています。
野球肩の手術を行った場合には、完治することもありますが完全には元の状態には戻らないこともあります。
例えば、日常生活に全く支障はなくても、元のスピードで野球のボールを投げることが難しくなるといったことです。
アスリートとして活動している人にとっては選手生命が絶たれる事態になりかねません。
また、野球肩の手術をしても再発してしまうことがあります。
せっかく治っても、また肩に負担がかかる動作を繰り返せば、同じようなことが起こるのは当然です。
再発を防ぐためには、投げ方のフォームを変えたり下半身の筋肉を鍛えて体全体を使って投げるといったことが必要になります。
体全体の筋肉を使うことで、肩にかかる負担は減らせるからです。
また、練習時間を調整することも重要になります。

野球肩に関するお役立ちリンク

野球肩の手術について調べる