野球少年に多い上腕骨骨端線障害

野球少年に多い上腕骨骨端線障害 野球をやっている小学生から中学生に多い怪我が野球肩です。野球肩と一口にいっても、部位によっていくつかに分類されており、上腕骨近位骨端線損傷というものもその一つです。これは、リトルリーガーズショルダーと一般的によく言われています。この怪我は、成長期の骨にある骨端線という骨の成長する軟骨部分の障害です。成長期に骨が伸びるタイミングは軟骨部分の結合が弱くなりやすいです。しかし、そういった時期に野球を始めたり、上手くなりはじめる時期です。そのためつい頑張りすぎて繰り返しの投球動作が続き、軟骨部分に離開が生じて痛みに繋がります。この状態になると、1か月から3か月程度の野球の休止やストレッチ・リハビリが必要となります。子供たちにとっては、最もうまくなりたいと思う時期なので治りきっていないのにまた野球を再開してしまいかねません。再発の原因となるため、監督・コーチ・保護者が子供の気持ちに寄り添い一緒に頑張っていく必要があります。

野球肩インピジメントなら専門家に

野球肩インピジメントなら専門家に 今はお子さんが野球をしている中で、投球制限を連盟などで設けられている事も有りますが、それでも投げすぎたり投げ方が安定していない、合っていないという事ですと野球肩インピジメントになる可能性もあります。痛みや違和感で気づくものですが、そうなっている時には重症になっている事も想定されます。

スポーツ関係の専門的な医師がいるクリニックや病院、また整体院などで治療を受ける事で、専門的な知識のある医師ですので安心して任せることが出来ます。一度野球肩になるとくせになったりすることもありますので、完治するまでは全く動かさないという事ではなく、筋トレをするなどのリハビリもうまく取り入れて治療を行っていく事が大事です。リハビリ施設を併設しているクリニックや病院もありますので、もし野球肩インピジメントのことで相談したい方は専門的に行っているスポーツ関係のクリニックでの診療をおすすめします。的確な診断をしてもらうことが出来ます。