野球肩はフォームの見直しを

野球肩はフォームの見直しを 野球肩で悩んでいる人は、フォームに問題がないか見直すところから始めてみましょう。
元々投げるという動作は肩に負担がかかるものであるため、綺麗な投げ方をしていても野球肩担ってしまうことはあります。綺麗な投げ方をしていてもなるということは、肩に負担がかかるような投げ方をしていれば、余計に傷めやすくなるわけですから、フォームに問題がないかをチェックするのが重要となるのです。投げ方が悪いと肩を傷めることになり、肩が痛いとかばって投げるようになり更に悪くなってしまうという悪循環が起こりやすいだけに、チェックは欠かすことができません。
多くの場合には、負担のある投げ方をしているケースが多いので、少しずつ修正をしていくようにしましょう。悪い投げ方と言えどもそれに慣れた人がいきなり投げ方を大きく変えてしまうのも余計な負担をかけやすいので、少しずつ少しずつ理想の投げ方に近づくように変えていくのがポイントになります。

変化球の投げ過ぎも野球肩になる原因の一つ

変化球の投げ過ぎも野球肩になる原因の一つ 野球とソフトボールには、競技特有の障害である野球肩があります。肩を痛めると、状況によっては野球を止めざるをえなくなることもあるので、メディカルチェックを受ける事を心掛け、異常が見つかったら早期に治す必要があります。最近では青少年が野球を健全なスポーツとして楽しむために、野球肩にならない為の提言が出されています。
野球型とは、投球動作時の肩の痛みを言い、関節に付着する腱や筋肉の損傷が原因となります。野球肩になりやすいのは15、16歳がピークであり、試合と練習でボールに触れる機会が多い投手と捕手に多い障害です。その理由と考えられるのが肩の使い過ぎで、年齢が若いのにもかかわらずオーバーユースの状態にあると考えられます。また、変化球の投げ過ぎも野球肩になる原因の一つです。変化球の投球動作は人間にとって本来は不自然な動きとも言われており、投げ過ぎると肘や肩を痛める原因となります。日頃から全力投球の制限をしたりストレッチを充分にするなど、肩の負担を考えた練習に取り組む必要があります。